卵巣嚢腫の原因とされる3つの要素

卵巣嚢腫の原因は、以前まではほとんど分からないことだらけでした。その為、原因不明で起こる病気であると言われていました。しかし今では卵巣嚢腫の研究が進み、徐々にではありますがその原因が解明されてきています。

ストレス

卵巣嚢腫には、ストレスが大きく関係していることが分かってきたようです。

 

卵巣はホルモンバランスを調整する機能を担っています。ストレスが原因で、交感神経がうまく保てなくなると心身症になります。その為、ホルモンのバランスが崩れて、卵巣嚢腫に起こりやすくなるとも言われています。

 

家系や体質

家系や体質も卵巣嚢腫の原因であるとも言われています。

 

子宮内膜になった方は、子宮内膜の組織が出血することで、卵巣へ出血が飛んでくるとも言われているのです。実際に子宮内膜症を起こしたことのある方、もしくは治療中の方に卵巣嚢腫や卵管嚢腫の方が多いと言われているようです。

 

血液の循環の低下、免疫力の低下

他に考えられる卵巣嚢腫の原因としては、「血液の循環が悪さ」や「免疫力の低さ」などが関係してるとも言われています。

 

そのため、食事と生活習慣が関係してくると考えることもできます。脂っぽいものや肉類が好きな方は、ドロドロ血液になりやすいので、血液の循環が悪くなる危険性があります。

 

また、睡眠不足による体力の低下からくる免疫力の低下にも注意が必要です。

 

しかし、どれもはっきりと断言できるものではありません。実は今でも、仮定の状態で、きちんとした卵巣嚢腫の原因は断定されていないんです。

 

女性特有の「体の冷え」もきちんとケアしましょう。冷え性になると、免疫力が低下してくるので、卵巣嚢腫の可能性が高くなると考えられています。

 

卵巣嚢腫の基礎知識

まずは「卵巣嚢腫」とは何なのか?基礎知識から見てみましょう

卵巣嚢腫の治療について

卵巣嚢腫の治療に関する様々な疑問にお答えします

チョコレート嚢腫について

チョコレート嚢腫予備軍がどれだけいるか知っていますか・・・?

トップページ 卵巣嚢腫の基礎知識編 卵巣嚢腫の治療編 チョコレート嚢腫について インフォメーション