私のチョコレート嚢腫(子宮内膜症)体験談談

私が生理になったのは小学校の高学年で、周りに比べて早い方だったと思います。しかし中学生に入った頃から、生理痛の痛みが我慢できないことがありました。痛みで授業中に意識がなくなって倒れたりすることもしばしばありました・・・。

 

今でこそ看護師の経験があるので、生理痛で失神してしまうくらいの症状であれば、チョコレート嚢腫を疑います。

 

でもその当時、中学生。生理になったのもつい最近のことで、「生理痛ってこんなに酷いものだったんだ・・・」くらいの知識しか持っていませんでした。

 

生理は周期通りだったので、生理になる前になると痛み止めを飲むような状態になっていました。1日目、2日目には、鎮痛剤を飲まないと動けないくらいの状態でした。

 

チョコレートのような血の塊などが出てくるのは当たり前のことでした。友達同士で生理痛の話などはしますが、塊が出るなど詳しい話などはしていないので、自分の生理は普通だと思っていました。

  「子宮内膜症ですね・・・」

慢性的に鎮痛剤を飲んでいた為、体に耐性ができてしまい効果もなくなりました。痛みで仕事にも支障をきたすようになって、初めて婦人科に行ったのは23歳くらいの頃でした。

 

その時、「子宮内膜症」と診断されました。しかも重症だということで大きい病院に紹介されたのです。

 

とてもショックでした。まさか自分がそんな病気になるとは思ってもいなかったので・・・。ありふれた言葉ですが、目の前がとても暗くなりました・・・。

 

 

それからは、ホルモン療法で生理を止める治療をしました。あの生理痛に苦しめられる悪夢がなくなって素晴らしいとさえ思いました。

 

ホルモン療法で1年生理を止めましたが、治癒はしませんでした・・・。そして追い討ちをかけるように「不妊」と言われました。自然妊娠する確率は、10%以下だということでした。

 

タイミング療法や不妊外来にも通いましたが、卵管水腫になってしまい、更に妊娠しにくい身体になってしまいました。最終的には腹腔鏡手術を受け、子供は諦めることにしたのです。

 

しかし、腹腔鏡手術を受けて1年後に自然妊娠をしたんです!片方の卵巣しかない上、卵管水腫も再発していましたが、妊娠は出来たのです。

 

何事も早期発見がとても大切です。また、諦めないで頑張っていこうという意思を持ってください。子宮内膜症と卵管水腫を抱えていた私が妊娠できたんですからね。

 

卵巣嚢腫の基礎知識

まずは「卵巣嚢腫」とは何なのか?基礎知識から見てみましょう

卵巣嚢腫の治療について

卵巣嚢腫の治療に関する様々な疑問にお答えします

チョコレート嚢腫について

チョコレート嚢腫予備軍がどれだけいるか知っていますか・・・?

トップページ 卵巣嚢腫の基礎知識編 卵巣嚢腫の治療編 チョコレート嚢腫について インフォメーション