チョコレート嚢腫の原因は未解明?

チョコレート嚢腫とは、子宮内膜症と同じです。腹腔鏡手術を行ってみると、生理の血液が腹腔内に溜まっていることが多いようです。

 

通常、生理は子宮から膣に流れるのが普通です。しかしチョコレート嚢腫になると、その血液が卵管を通って卵巣に行ってしまったり、腹腔に溜まってしまうのです。

 

生理とは、子宮内膜がはがれて体外に排出されることを言います。その一部が、卵巣、腹腔、卵管、ダグラスに入り込んでしまうことで、チョコレート嚢腫となります。

 

 

チョコレート嚢腫の原因は○○?

チョコレート嚢腫の原因は、医学の発達した現在でも解明されていません。ただ、いくつか原因として考えられる要素はあるようです。

 

・先天性の原因
・何らかのアレルギーが関連している

 

簡単なものは上記のものですが、それ以外にもチョコレート嚢腫の原因ではないかと考えられている要素もあるようです。

 

しかし、結局はハッキリとした原因も予防法もないのが事実なのです。
しかもチョコレート嚢腫になっても、ある程度酷くならない限り自覚症状が出てこないので、早めの処置や治療が難しいのが事実なんです。

 

ただの生理痛だと思っている方がほとんどだと思います。鎮痛剤で痛みを散らしてしまったりしていませんか?そして結果として、チョコレート嚢腫の治療が遅れてしまう場合があるんですよ・・・。

 

チョコレート嚢腫の原因はまだ分かりませんが、生理痛が酷くなったらなるべく早めに婦人科を受診しましょう。

 

たかが、生理。
されど、生理なのです。

 

卵巣嚢腫の基礎知識

まずは「卵巣嚢腫」とは何なのか?基礎知識から見てみましょう

卵巣嚢腫の治療について

卵巣嚢腫の治療に関する様々な疑問にお答えします

チョコレート嚢腫について

チョコレート嚢腫予備軍がどれだけいるか知っていますか・・・?

トップページ 卵巣嚢腫の基礎知識編 卵巣嚢腫の治療編 チョコレート嚢腫について インフォメーション