チョコレート嚢腫の代表的な2つの症状

チョコレート嚢腫は、30代女性の5人に1人が予備軍だと言われています。

 

いわゆる子宮内膜症のことですが、ほとんどの人が生理痛を経験したことがあると思います。実はそのほとんどが、子宮内膜症と何らかの関係があると言われているんです。

 

つまりは、「チョコレート嚢腫予備軍=子宮内膜症予備軍」の女性は想像以上に大勢いるんです。

 

痛みに関しては、初期段階ではほとんど何も感じません。病状が悪化していくうちに、生理痛で寝込むほどの痛みが襲います。鎮痛剤さえも効果がない時がある程です。

周辺臓器の痛み

影響が周りの臓器に及んでしまい、腫れや癒着が起こると激痛に襲われると言われます。腹痛、下腹部痛、排便痛、性行為時の痛みなどが起こるのです。

 

しかも、卵管にそのような症状が見られると、卵管狭窄を起こし、妊娠しにくくなったり子宮外妊娠を起こしたりする場合もあります。

 

血液の塊

血液の塊が生理時に出てくる場合があります。「いつものことだから」と簡単に思わないでください。これは、立派なチョコレート嚢腫の症状です。

 

生理痛も「慣れているから大丈夫」などと思わないこと。放っておくと卵管や卵巣、子宮など、女性の臓器を失うことになりかねません。鎮痛剤の併用もやめましょう。

 

婦人科の受診をすること

痛みを感じた場合には我慢せずに、すぐに婦人科に行くことを強くお勧めします。
婦人科の受診は恥ずかしいと思われがちですが、将来の自分の体の為なんですよ。

 

卵巣嚢腫の基礎知識

まずは「卵巣嚢腫」とは何なのか?基礎知識から見てみましょう

卵巣嚢腫の治療について

卵巣嚢腫の治療に関する様々な疑問にお答えします

チョコレート嚢腫について

チョコレート嚢腫予備軍がどれだけいるか知っていますか・・・?

トップページ 卵巣嚢腫の基礎知識編 卵巣嚢腫の治療編 チョコレート嚢腫について インフォメーション