卵巣嚢腫の術後の様子について

腹腔鏡手術の場合の術後は約1週間から10日間前後です。その後は自宅での安静が必要です。

 

開腹手術の場合は術後は約2週間。
自宅安静は1か月と言われています。

 

また多くの場合、手術後の体重はかなり減ります。仕事復帰は自宅安静後にされる方が多いようです。仕事内容にもよりますけどね。

私の体験談

私自身も腹腔鏡手術を行ったことがあります。私は卵管水腫だったのですが、基本的に手術の内容は同じです。

 

やはり10日間の入院でした。手術後は、とにかく腰が痛くて大変でした。

 

腹腔鏡手術は3か所に穴をあけるだけの簡単な手術と考えていましたが、寝がえりをうつことすら痛みでできないので、腰に負担が掛かってしまったのです。

 

手術した晩は一睡もできなかったのを覚えています。

 

そして翌朝には、尿の管を抜き、自力歩行するように言われました。これがかなり辛くて、座るまでに時間を要するのです。歩くとお腹に響いてくる感じがするんですね。

 

術後4日目には歩くとちょっとお腹に響くくらいに回復しました。

 

退院後は自宅で安静にしていました。少しのことでも腹筋を使ってしまうので、かなり厳しかったのを覚えています。

 

私は看護師をしていたので、術後の自宅安静は1か月と言われました。1カ月自宅で安静にして、職場復帰しました。その頃には問題なく、日常生活を送っていました。

 

今も、薄く創はありますが、ほとんど目立ちません。簡単な手術だからと安易に考えていましたが、意外と辛いものでした。

 

卵巣嚢腫の基礎知識

まずは「卵巣嚢腫」とは何なのか?基礎知識から見てみましょう

卵巣嚢腫の治療について

卵巣嚢腫の治療に関する様々な疑問にお答えします

チョコレート嚢腫について

チョコレート嚢腫予備軍がどれだけいるか知っていますか・・・?

トップページ 卵巣嚢腫の基礎知識編 卵巣嚢腫の治療編 チョコレート嚢腫について インフォメーション